新型コロナウイルスに直面した長崎の学校 ―教職員への緊急アンケート調査報告書―

画像を拡大する    目次を見る
NEW
著者: 石川衣紀 榎景子 小西祐馬  中村典生 長谷川哲朗 畑中大路

商品コード 9784865612240

サイズ 14.8cm × 21cm

ページ数 146

発売日 2021年3月31日

通常価格(税込)1,100

販売価格(税込)1,100

関連カテゴリ学術書

2020年2月27日夕刻、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、当時の安倍晋三首相は3月2日から全国全ての小・中学校、高校などについて、春休みまで臨時休校とするよう要請する方針を示しました。
新型コロナウイルスの感染拡大により、子どもたちの学びに様々な制約が生じる中、この事態に直面する学校現場に対して長崎大学ができることは何か。ひとつの答えをまとめたものがこの冊子です。
県教育委員会及び各市町教育委員会のご理解とご支援のもと、現場の先生たちにアンケート調査を実施し、その回答をデータ処理して傾向を捉えるとともに、回答者の声を汲み上げるものとしました。
このコロナ禍を機会として、学校の役割や学校教育のありようを問い直す声が上がっています。
この冊子は、コロナ禍の中での教職員の認識や意識を通して、学校や子どもたちの現状の一端を捉えたものですが、調査結果から読み取れるもの、考えられることを長崎県の教育に携わる多くの人たちが共有し、これからの踏み出しに生かしていただければ嬉しい限りです。

試し読み


この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。