久保猪之吉・より江 作品集

画像を拡大する    目次を見る
NEW
著者: 久保 猪之吉   久保 より江

商品コード 9784865611601

サイズ 14.8cm × 21cm

ページ数 245

発売日 2019年3月28日

通常価格(税込)1,650

販売価格(税込)1,650


当時の耳鼻咽喉学で、「イノ・クボ」、「ドクトル・ヘン」と世界に称され、日本初の状気管支鏡的異物摘出に成功した医学博士、久保猪之吉。家庭の事情で苦学しつつも上京し、進学、落合直文により短歌に目覚めた猪之吉はその後、自ら短歌結社「いかづち会」を起こし、当時の短歌界に革新的な提言や活動を起こした人物である。
その猪之吉が、裕福な家に育ち、お嬢様学校に通うより江と出会い、結婚。猪之吉の留学を経て、九州へ。慣れない生活に苦労しながらも、妻として、助手として、夫を支え続けたより江。
より江が「つまりはいつまでも夢を失わはないがはの私たちなのであろう」と結ぶように、二人は生涯にわたり「夢を失わない側」にいる猪之吉であり、より江であった。共に詠んだ句には、これまでの二人が歩んだ生の輝きが凝縮される。

試し読み


この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。