比較社会文化叢書Vol.45 「満洲国」教育再考 - 日本語教育を手がかりに -

画像を拡大する    目次を見る
NEW
著者: 祝 利

商品コード 9784865612103

サイズ 14.8cm × 21cm

ページ数 255

発売日 2021年3月15日

通常価格(税込)2,800

販売価格(税込)2,800

関連カテゴリ学術書

日本関東軍の内面指導下で中国東北地域に傀儡政権である満洲国が1932年に樹立された。この地域に居住していた漢・満・蒙・朝・日・露など 1の多民族構成に対して、関東軍は「民族協和 2」を統治理念として揚げた。この「民族協和」の理念は「王道楽土 3」の理想とともに満洲国の建国精神となされ、満洲国の経済、教育などあらゆる方面の指針となった。
本研究は日本語教育を分析の軸に据えて、多民族地域である「満洲国」(以下、満洲国)における教育の実態について検討するものである。

試し読み

比較社会文化叢書Vol.45 「満洲国」教育再考 - 日本語教育を手がかりに - 比較社会文化叢書Vol.45 「満洲国」教育再考 - 日本語教育を手がかりに - 比較社会文化叢書Vol.45 「満洲国」教育再考 - 日本語教育を手がかりに -

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。